ゆいとまさお

妊活はきついことも多いのでその最中は心や体が凹みがちです。

もしも結果がずっと出ない場合は、中にはうつ症状が出る人もいます。

ストレスは妊娠を妨げる最大の原因だと言われているのです。事実、不妊治療をしなくなって過度にかかっていたストレスが消えて自然と妊娠できたという人は少なくありません。

妊活が原因でつらい思いをしないように意識的にストレスを解消しながら続けましょう。

ちょっとでも早く赤ちゃんが欲しいからと妊活している時、栄養に留意することはとても大切です。「太り過ぎ」までいくと問題ですがダイエットはやめておいて、栄養摂取をしっかりと行いましょう。間食は栄養を摂る目的と捉え、食べ過ぎに気を付ければ、気分転換にも良いと思います。

葉酸とは野菜などに含まれているビタミンBのひとつで、ほうれん草やブロッコリーに多く含有する栄養素として知られています。
葉酸は、妊娠初期に特に重要となる栄養素です。それは摂取することによって、赤ちゃんが流産してしまったり、あるいは先天的な障害を負ってしまう可能性を減らす効果があります。具体的な一日の葉酸の摂取量ですが、厚生労働省によると、妊娠初期の女性は400μg(一日当たり)の葉酸を摂ることが良いとされていますので、サプリメント葉酸を補給するのも賢い方法だと言えます。



葉酸の特長として、熱に弱いことが挙げられます。従ってなかなか食事だけでは必要な量を摂れないので、サプリなどを上手く取り入れるべきでしょう。

葉酸のサプリもいろいろありますが、加熱処理されていない製品を見つけることが必要だと言えます。摂ったものが自分の身体を作るわけですから、原料が天然のものに由来していることや、余分な香料や添加物でごまかしていないことといった安全面も、選ぶ際のポイントです。
http://www.cleverhead.org/

最近よく聞く、葉酸は子供を授かる前から体に取り入れるようにして妊娠初期、中期まで継続的に摂取することが望まれている栄養素です。


実際、先天性奇形を予防する効能が認められているんですね。



サプリメントから摂取する手段もありますが、ホウレン草や芽キャベツなどの野菜にも大量に入っている栄養素でするので、妊娠の初期段階では意識的に摂取したいものです。二人目が欲しかったのですが、なかなか授からないので産婦人科に行きました。


できれば夫婦そろって病院で診てもらいたかったものの、言えば不機嫌になりそうだったので、とりあえず自分だけで、タイミング療法に取り組みました。月イチで3000円弱なので家計に影響ないところは良いのですが、妊娠できなくて、姉に勧められた葉酸サプリを飲み始めました(結構高いらしいです)。


幸い、服用後2か月には下の子ができました。費用や時間で悩んでいたのが嘘みたいです。



妊娠初期は赤ちゃんの細胞形成にあたる大事な時期だと言われています。その時期に妊婦の体の中で葉酸が欠乏すると先天性奇形になる確率が上がると言われています。
ですので、妊娠を望む女性ならば妊娠する前から意識的に葉酸を摂る事が大切ですし、初期にもサプリで毎日補うと効果アリと考えられています。なんとなく不妊を疑いはじめたら、基礎体温の管理から始めてみると良いでしょう。基礎体温は運動などによる変化がありませんから、ホルモン状態の変化や排卵周期が分かり、不妊治療の大事なきっかけになるのです。


普通の体温と違って基礎体温は、経過をみるために「毎日」、活動量の影響を受けない「起床時すぐ」に測るという決まりがあるので、それに従って毎日続けるのが大切ですが、時間もかからないので、すぐ慣れると思いますよ。
赤ちゃんを授かるために積極的に活動を始めたら時を同じくして、私の方が葉酸とマカを主人はマカと亜鉛が効果があるという事でサプリを飲み始めました。

葉酸は受胎直後に胎児の神経発育に欠かせないとても大切な栄養素で、事実、マカは生殖機能を向上させ、活力がアップし、亜鉛を取り入れることで精子が増えたり活力増強の為に効果があったので、始めたのです。飲み続けて半年で、私の所にも赤ちゃんがやってきました!皆さんご存知のように、妊娠とビタミンの一種である「葉酸」は切り離せない関係の二つです。

それはつまり、妊娠初期に葉酸が不足すると、胎児の先天的異常の可能性が高まると言われているためなんですよね。

この話は当然、妊娠を希望する妊活中の方にも言えるでしょう。


実際に妊娠が発覚した後で慌てて葉酸を摂ったとしても、葉酸が最も必要な受胎直後に戻ることは出来ません。ですから、妊娠しても問題の無い母体になるために、妊活中を始めた早めの段階で、食事やサプリによる葉酸の積極的な摂取を意識しましょう。